渡辺私塾文庫

リーフ

所蔵品目録


【18】妹尾正彦(1901〜1990)



1,スケッチ帖2冊、25x18,鉛筆、55図   (写真)
2,カット原画、約10x15、232枚、昭和50年〜51年日本経済新聞入江相政侍従長「味のぐるり」のカット (写真)
3,妹尾正彦宛絵葉書38点、(里見勝藏4枚、入江相政3枚、小林和作1枚、大久保泰1枚、三上隆彦1枚、田中行一1枚、父彰からの、「最後の音信」とメモのあるもの1枚他)
4,小泉清、書簡1通
5,草稿「自記」10x20字、822枚完
6,草稿「里見勝藏と私」10x20字、162枚完
7,草稿「小出楢重と私」10x20字、26枚完
8,草稿「応召記」(最後の帝国海軍4ヶ月の手記)、12行便箋、542枚完
9,草稿「独立美術協会会員えの復帰の始末記」、10x20字、56枚完
10,草稿「私の略歴」、10x20字、18枚
11,草稿「父の訃」、10x20字、43枚完
12,草稿「ふる里の人亦俗なるや否や」、10x20字、24枚完
13,草稿「オリジナリティーに就いて」、10x20字、5枚完
14,草稿「字彦」、10x20字、23枚完
15,草稿「親しき友への書信」、10x20字、22枚完
16,草稿「鶴は老いない」、20x20字、4枚完
17,草稿「齢、天命の立志」、10x20字、33枚完
18,草稿「自由体操」、20x20字、1枚完、昭和31年週間サンケイ用短文
19,草稿「窓外は緑雨なり」、20x20字、1枚完、同上
20,草稿「作品の中の皇子」、10x20字、3枚完
21,草稿「居に関する覚書」、10x20字,195枚完
22,草稿「警視庁第三監房二百三十一番」、10x20字、137枚完
23,草稿「犬の名を蟻となずく」、10x20字、20枚完
24,草稿「聴けや人々」、20x20字、2枚完、昭和30年第23回独立展目録用短文(出品作は「聴けや人々、窓外は緑雨」)
25,草稿「日本の或る評家の言葉」、10x20字、10枚完
26,草稿「霊柩自動車」、10x20字、9枚完
27,草稿「幽霊館」、10x20字、49枚完
28,草稿「白いリボン」、10x20字、17枚完
29,草稿「作者の言葉」、10x20字、3枚完、昭和28年8月23日発行週間朝日表紙画用短文
30,草稿「我が最も苦難なりし時代」、10x20字、57枚完
(以上5〜30まで草稿2284枚) (写真)
「追記」 1〜30までは2004年4月、小金井市の古書店から、超廉価で一括購入したもので、草稿26点は大半が未発表であると思われますので、妹尾正彦研究にとって、重要な資料になると推察します。研究者、関係者の調査研究を期待します。

31,パステル画、裸婦、25x17
32,「妹尾正彦画学60年展」、昭和61年、青梅市立美術館
33,「高橋忠彌宛書簡」、昭和30年9月29日消印




【1】アルス日本児童文庫

【2】恩地孝四郎

【3】集古十種

【4】中村忠二

【5】美術書・稀覯本・草稿・画稿・画帖

【6】洋書

【7】雑誌


【8】日本画

【9】油彩画1

【10】油彩画2

【11】版画

【12】海外版画


【13】補遺1


【14】補遺2

【15】陶板、金工、ブロンズ、石膏、染織

【16】江戸本

【17】下絵

【19】海外油彩画

【20】洋書2、生田耕作旧蔵本

【21】関野準一郎
 
【22】川上澄生

【23】横田稔

【24】佐々木桔梗、プレス・ビブリオマーヌ関係本

【25】稲垣史生原稿

【26】久保貞次郎

【27】神崎温順関係本

【28】古沢岩美関係本

【29】高梨一男関係本

【30】芹沢_介関係本

【31】西川満関係本

【32】竹久夢二関係本

【33】金守世士夫関係本

【34】奥の細道画冊

【35】田川憲関連作品

◆蒐集雑感


ホームへ